質問に答えるだけで2万字インタビューが受けられる「二卍(ニマンジ)」


スーパーの帰り道、成人男性がバッグから大根を覗かせている姿が目に入り、思わず笑ってしまいました。何故なら僕も同じ格好をしていたからです…。主婦顔負けの生活感あふれる一般人・徳谷@R25.jpです。

突然ですが「一度でいいからインタビューを受けてみたい」と思ったことはありませんか? 僕は何度かあります。なぜなら、なんとなくカッコイイから。そんなミーハーな願望をちょっと満たしてくれるのが、今回紹介する「二卍(ニマンジ)」というサービスです。誰でも簡単に2万字のインタビューに答えることができるという…はたしてその内容とは?

□二卍
http://2manji.jp/

やり方はとても簡単。ユーザー登録をして豊富に用意された質問から選んで、思うがままに答えるだけ。質問への回答は自分専用のページに蓄積されていき一覧できるので、まさしくインタビューされている雰囲気です。実際にやってみると、自分の中から想像もしなかったようなアーティスト気取りの回答が出てきて驚きました。次第に、こんな口調がインタビューっぽいよな…なんて意識しちゃってみたりして。

しかし、目標である2万字に到達するにはかなりの時間がかかりそう。一つの質問に対する回答が200~300文字だとすると、2万字に到達するには100問近く答えないと厳しいかもしれません。仮に一つの質問に答えるのに10~15分だとすると、トータルで16~25時間掛かる計算です。その努力が報われれば、すごい達成感が得られそうです。気合を入れて臨みましょう!

とりあえず僕もいくつか答えてみましたので、参考までにどうぞご覧ください。でも、2万字までには、まだまだ先は長いです。誰か代わりに、僕にインタビューしてくれないかな…。

さて、そんな「二卍」を通して伝えたい魅力とは? 開発者でありpaperboy&co.の代表取締役でもある家入一真さんに聞いてみました。二卍ならではの楽しみ方と魅力を教えてください!

「普通の人が普通に生きていて、インタビューを受ける機会ってそうそうないですよね。それを疑似体験できるのが、二卍の魅力だと思います。想像力を駆使して、良い回答をひねり出してもらえるとうれしいですね。何より自分で読んで面白いっていうのが一番です」

なるほど…ってよく見たらpaperboy&co.って、僕が所属してるオモコロを作ってる会社じゃないですか! えっと、手前味噌になってしまいましたが、サイト自体は面白いので一度お試しください。さっそく僕も「バッグから大根をのぞかせるポリシーは?」という質問を用意しておきます! え、いりませんか? そうですか…。
(2008.1.18/R25 - 01月17日 10:04)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-18 08:40 | インターネット総合  

<< 次世代DVDレコーダー、BD陣... 国際賞 TCP/IP開発者に >>