KDDI、中部電の光通信買収――500億円規模、NTTに対抗


 KDDIは中部電力の光ファイバー通信事業を買収することで同社と大筋合意した。買収額は500億円弱となるもよう。これによりKDDIは光回線顧客を約15%増の80万件程度に拡大、約8%の国内シェアを確保する。昨年1月には東京電力の光通信事業を買収した。KDDIは中部電の事業買収を機に他の電力系通信会社との提携・買収交渉を加速。家庭向けの光回線網を全国で整備し、国内7割のシェアを握るNTTグループに対抗する勢力づくりをめざす。

 KDDIは、中部電が全額出資する通信事業子会社、中部テレコミュニケーション(CTC、名古屋市)の株式の8割強を4月1日付で取得。残る2割弱の株式は中部電が引き続き保有し、KDDIと光通信事業で協力していく。両社は来週にも合意を発表する。(2008.1.17/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-17 09:11 | インターネット総合  

<< 出会い系サイト届け出制に=違法... ソニーのPS3、製造原価がおよ... >>