「iPod touch」に有料ソフトウェアアップグレード、新ソフト追加など







 米Appleはサンフランシスコで開かれている「Macworld Conference & Expo」において15日、「iPod touch」と「iPhone」のソフトウェアアップデートを発表した。既存アプリケーションの改良のほか、新しいアプリケーションも追加されている。

● 地図アプリ「Maps」の改良や新アプリ「Web Clips」追加など

 iPod touchとiPhoneは似た商品であるため、今回の最新版ソフトウェアでも共通する部分とそれぞれ独自の改良が含まれる。両者共通の変更点としては、地図アプリケーション「Maps」の改良と、新アプリケーション「Web Clips」の追加が挙げられる。

 Mapsは、米Googleが提供している地図アプリケーションだ。今回、新しいユーザーインターフェイスに改良されたほか、ボタンをクリックするだけでWi-Fi基地局からの電波をもとに現在位置を把握できる機能が搭載された。この機能は、地域によって利用できなかったり、精度が低い場合があることに注意が必要だとしている。そのほかに、衛星地図画像と地図を同時に重ねて表示するハイブリッドビューや、ピンで印を付けられる機能などが追加されたが、これらはいずれもPC版のGoogle Mapsで使い慣れた機能を、iPod touchやiPhoneのユーザーインターフェイスに合わせたものと考えることができる。

 新しく導入されたWeb Clipsは、好みのWebサイトとそのサイトの特定部分を登録しておくことができるものだ。これによって、いつもアクセスするWebサイトの特定部分をワンクリックで表示できる。例えば、頻繁に見るニュースやブログ、情報サイトなどを登録しておき、ワンクリックですぐに見るといった使い方が可能になる。これにあわせて、iPod touchやiPhoneのホームスクリーンに表示されるアイコンを並べ替える機能や、9つのホームスクリーンを作り、それを自在に切り換える機能が用意され、ユーザーインターフェイスが大幅に改良されている。


 また、同じく15日に発表した新サービス「iTunes Movie Rentals」でレンタル購入した映画を見られる機能も、iPod touchとiPhone双方に追加されている。ただしiTunes Movie Rentalsは米国のみのサービスとなっている。

● iPod touchのソフトウェアアップグレードは2,480円
 iPod touch独自の追加機能として、リッチHTMLメールクライアントである「Mail on iPod touch」がある。これは、POP3やIMAPプロトコルを採用しているメールサービスからメールをダウンロードできるクライアントだ。「Gmail」「Yahoo! Mail」「.Mac Mail」にも対応している。

 そのほかに、株式市場情報を提供する「Stocks」、天気予報を提供する「Weather」、インテリジェントキーボードでメモを取ることができる「Notes」などのアプリケーションがiPod touchに追加された。

 また、iPhone独自に追加された機能としては、同じSMSテキストメッセージを複数の人に同時送信できる機能が追加された。iPhoneには、送信したテキストメッセージの履歴を保存できるため、同じグループの人々に同じメッセージをワンタッチで送信できることになる。

 今回提供されるiPod touchソフトウェアアップグレードは有料で、iTunesを介して2,480円でダウンロード購入できる。また、新たに出荷されるiPod touchにはあらかじめ含まれている。

 一方、iPhoneのソフトウェアアップデート1.1.3は、iTunes 7.5以上を介して米国、英国、ドイツ、フランスのiPhoneユーザーに対して無料で提供されるほか、今後出荷されるiPhoneにはあらかじめ組み込まれる。

(2008.1.16/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-16 17:14 | 周辺機器  

<< 脆弱性修正のQuickTime... ダレット、3Dコミュニティやス... >>