ダレット、3Dコミュニティやストリートファイター オンラインなど発表







 ダレットは16日、事業戦略説明会を都内で実施。オンラインコミュニティサービス「ダレットワールド」や、オンライン対戦格闘ゲーム「ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション」を発表した。

 ダレットは、「鬼武者」シリーズや「ロックマン」シリーズを手がけたことで知られる稲船敬二氏が代表取締役社長を務めるオンラインゲーム事業会社。今回発表されたダレットワールドは、3Dグラフィックを利用した仮想世界でアバターを利用してコミュニケーションを図ることができるサービス。マウス操作のみでアバターの基本操作ができるほか、服やアクセサリーの画像をアバターに適用できる「フォトアバター」機能を実装している点を特徴としている。

 また、「ストリートファイター オンライン マウスジェネレーション」はカプコンの対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズをオンラインゲーム化したタイトル。「リュウ」や「チュンリー」といったストリートファイターシリーズのキャラクターに加えてオリジナルキャラクターも登場するほか、マウスのみでキャラクターを操作できる「マウスジェネレーション」、キャラクターの衣装などを変更できるカスタマイズ機能などを実装する。

 いずれも、サービス開始は2008年春を予定しており、ダレットワールドは1月17日にクローズドベータテストの受付を開始する。料金システムは基本料金無料のアイテム課金制を採用する見込みだ。Broadband Watchでは、追って詳細をレポートする。
(2008.1.16/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-16 17:12 | インターネット総合  

<< 「iPod touch」に有料... 「セカンドライフ」に阪神大震災... >>