ソフトバンク、留守番電話サービスに障害




 ソフトバンクモバイルは、同社の3G端末において、1月11日の8時40分頃から留守番電話サービスに繋がりにくい状況が発生していると発表した。

 事象は、留守番電話サービスに転送された際や「1416」に電話をかけた場合に、留守番電話サービスにつながりにくいというもの。対象エリアは全国で、11日14時時点で復旧の見込みは未定となっている。
【追記:1/11 16:10】

 ソフトバンクは、14時30分頃にサービスが復旧したと発表。原因はボイスメール装置のデータベースの一部故障によるもの。記録されていた音声データなどに影響はないという。
(2008.1.11/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-14 01:21 | 周辺機器  

<< ITで野生動物の被害防止へ 米政府、2009年度予算をオン... >>