ドコモ、春商戦の販売戦略を発表-若年層の獲得に重点


 NTTドコモは10日、春商戦の販売戦略を発表した。機能を特化した携帯電話新シリーズ「705i」13機種を2月中旬から順次発売。07年11月に発売した「905i」シリーズと合わせて中学、高校に入学する若年層を中心とした新規加入者の獲得に重点を置く。
 705iは折りたたみ型で世界最薄の厚さ9・8ミリメートルを実現した機種や、デザイン家電で有名な「amadana」ブランドのデザインケータイ、最大毎秒7・2メガビットの高速データ通信ができる製品などを投入。店頭での実勢価格は2万―4万円台と、905iに比べて割安に設定した。
 ドコモは新しい端末販売の手法として端末価格と通信料金を分離した「バリューコース」を始めている。705iでも同コースを中心にした販促活動を展開し、まず端末価格の購入負担を軽減させるため端末費用を割り引くキャンペーンを計画。(2008.1.11/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-13 18:26 | 周辺機器  

<< 米政府、2009年度予算をオン... Yahoo!検索(YST)、イ... >>