ソフトバンクが8カ月連続首位・12月の携帯純増数、順位変動なし

 電気通信事業者協会が10日まとめた2007年12月の携帯電話契約純増数は、ソフトバンクモバイルが21万800件で8カ月連続で首位を守った。2位はKDDIの13万8600件、3位はNTTドコモの12万1500件で、順位に入れ替わりはなかった。

 12月は各社が冬モデルを発売する商戦期で、昨年はドコモとKDDIが新しい料金プランに移行したことから契約動向が注目されていた。ドコモは機能を大幅に強化した905iシリーズの一斉投入などの成果で11月の4万8200件から大きく伸ばしたが、2位浮上はならなかった。(208.1.11/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-12 04:00 | 周辺機器  

<< テレビ向け動画配信、作品200... モバゲータウンで、「センター試... >>