SONY BMG、MP3をAmazonで提供――4大レーベルすべてがDRMフリーに





 米Amazonは1月10日、米SONY BMG MUSIC ENTERTAINMENTの楽曲を、AmazonからDRMフリーのMP3形式で今月中に販売開始すると発表した。


 AmazonはEMI、Universal Music GroupとはMP3販売のスタート時から契約を結んでおり、Warner Musicとは今月提携を発表した。今回のSONY BMGとの発表で、Amazonは4大レーベルすべてとMP3販売の契約を結んだことになる。Amazonによれば、3万3000の独立系レーベルもDRMフリーで楽曲を提供しているという。

 SONY BMGのグローバルデジタル事業部社長トーマス・ヘッセ氏は「当社は消費者に対し、物理的に、インターネットを経由して、そして携帯を通じて提供する方法を模索している。この新しい取り組みは、音楽ファンがどこにいようとそこに届けることができるものだ」と述べている。

 AmazonのMP3ダウンロードサービスは2007年9月にスタート。1曲当たり89セントから99セント、アルバムの価格は5.99ドルから9.99ドル。256kbpsのMP3フォーマットで販売している。

 iTunes StoreはEMI楽曲のMP3提供で先行したものの、そのほかのメジャーレーベルとの提携では後発であるAmazonに先行されている。
(2008.1.11/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-11 19:26 | インターネット総合  

<< 静岡大学、「仮想株式市場」の仕... SNSのパフォーマンス調査、F... >>