携帯電話の番号継続制度、利用者は9%どまり――民間ネット調査


 インターネットを使った調査会社、ライフメディア(東京・港)は、携帯電話のナンバーポータビリティー(番号継続)制度について、制度を利用したネット回答者が9%にとどまったとする調査結果をまとめた。利用しなかった理由として、61.5%の人が「利用している携帯電話会社に不満がなかった」と回答し、「携帯電話のメールアドレスを変更したくなかった」の16.4%がこれに続いた。

 併せて質問した携帯電話の料金プランについては、「携帯電話本体の購入金額は高いが、月額基本使用料は従来より安い」を選択する人が63.8%となり、「本体の購入額は安いが月額基本使用料は従来通り」を選択する36.2%に差を付けた。
(208.1.9/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-09 23:32 | 周辺機器  

<< ログイン時にパソコン識別――マ... マイクロソフト、触って動かす未... >>