捕鯨めぐり日豪ネット摩擦 YouTube動画にコメント1万5000件






 豪州の反捕鯨運動を批判する動画が昨年12月23日にYouTubeに投稿され、日豪で論争を引き起こしている。再生数は1月9日までで50万を超え、1万5000以上のコメントが付いている。再生が50万を超えるYouTube動画は珍しくないが、1万以上のコメントが付くのは異例。



 豪州メディアの報道によると、豪州の外相が動画について、「動画は豪州政府の反捕鯨方針を覆すものではなく、日豪関係を傷つけるものでもない」などと語ったという。

 動画は「白豪主義オーストラリアと反捕鯨」というタイトルで約10分間。豪州の人種差別問題やディンゴ(野犬の一種)の虐殺などについて画像や動画を、英語と日本語の解説文入りで紹介し、「豪州は日本人への差別意識から日本の捕鯨に反対している」などと批判している。

 動画には日本語、英語でコメントが寄せられており、その内容は「ディンゴ虐殺の残酷さに驚いた」「それでも捕鯨はダメだと思う」などさまざまだ。「2ちゃんねる」ではこの動画について多数のスレッドが立ち、議論が盛り上がっている。

 豪州では複数のメディアがこの動画について報じている。8日付けのABC(豪州の公共放送局)Webニュースによると、豪州の外相はこの動画について「豪州政府の反捕鯨方針を覆すものではなく、日豪関係を傷つけるものでもない」などとコメントしたという
(2008.1.9/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-09 22:13 | インターネット総合  

<< パソコンが壊れた。修理にかかる... 誕生から10年を迎えたBlue... >>