誕生から10年を迎えたBluetooth技術




 Bluetooth SIGは、Bluetooth通信技術が誕生して今週で10年を迎えると発表した。

 短距離無線技術として、携帯電話やヘッドセットなどモバイル機器に搭載されているBluetoothが誕生から10年を迎える。最初のBluetooth対応製品は2000年に登場し、それから8年後の現在、約15億台のBluetooth機器が出荷されている。Bluetoothの仕様策定やライセンス管理を行なう団体であるBluetooth SIGのメンバー企業についても、当初の数社から現在は10,000社を超えている状況という。

 Bluetoothという名称は、10世紀頃、現在のデンマークやノルウェー、スウェーデンを統治したハーラル王にちなんで名付けられた。ハーラル王はブルーベリーを好んで食べたと言われ、“ハーラル青歯王”とも呼ばれる。Bluetooth対応製品に記載されているロゴマークは、ハーラル王の古代北欧文字のイニシャルをモチーフにしている。

 Bluetooth SIGでは、UWB(Ultra WideBand)を傘下におさめるため、WiMedia Allianceと協力体制を築いている。2007年にはWibree技術を導入し、超低電力Bluetoothの仕様策定も開始した。2008年にはそれらの試作機が登場する予定で、2009年前半にも製品版が投入される見込み
(2008.1.9/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-09 22:12 | 周辺機器  

<< 捕鯨めぐり日豪ネット摩擦 Yo... <忍者ハットリくん>ファミコン... >>