<忍者ハットリくん>ファミコンの人気ゲームが22年ぶり復活 08年春、iモードで







 家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」用に86年に発売され、約160万本を出荷したハドソンの人気アクションゲーム「忍者ハットリくん」が22年ぶりにiモードで復活することが8日、明らかになった。

 「忍者ハットリ君」は、藤子不二雄Aさんの人気マンガ。伊賀の里で修行を積んだ忍者ハットリくんが、東京にあるケンイチの家に居候しながら、忍術を駆使してさまざまなトラブルを解決していく。アニメは81年から87年までテレビ朝日系で全694話が放送された。

 ファミコンのゲームは、ハットリくんが忍術を使いながらゴールを目指す横移動型のアクションゲーム。iモード版は今春配信予定だが、正式版公開に先立ち、iモード向けゲームサイト「着☆あぷ♪ボンバーマン」(月額315円)で、ファミコン版のボーナスステージを再現したミニゲーム「忍者ハットリくん ちくわ大会の巻」を2月12日まで期間限定で配信している。FOMA703i、704i、90Xiシリーズ対応
(2008.1.9/ 毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-09 22:12 | 周辺機器  

<< 誕生から10年を迎えたBlue... セカンドライフでも金融不安? ... >>