薄型テレビ 世界最薄の厚さ2センチ液晶投入へ シャープ







 シャープの片山幹雄社長は8日の会見で、08年度の液晶テレビの販売が1000万台、売上高は1兆円を超える見通しだと明らかにした。今夏の北京五輪などで需要増を見込んでいる。07年度は900万台、8500億円を予定している。

 また、同社長は08年度中に厚さ2センチの超薄型液晶テレビを発売する考えも明らかにした。日立製作所が昨年12月に発売した厚さ3.5センチの液晶テレビより薄く、市販品では液晶、プラズマを通じて世界最薄となる。シャープは同日、65型の大画面で厚さ2センチの試作機を公開しており、65型などを発売すると見られる。

 超薄型テレビを巡っては、ソニーが11型で厚さ3ミリの有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビを昨年11月に世界で初めて発売した
(2008.1.9/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-09 15:20 | インターネット総合  

<< “映像の百科事典”目指す投稿サ... Wiiフィット、100万台販売... >>