<ニンテンドーDS>PS2抜き、累計販売で歴代トップに エンターブレイン調べ





 ゲーム雑誌大手のエンターブレインが7日発表した07年12月ゲーム販売ランキング(11月26日~12月30日=5週間)によると、ニンテンドーDSライトの販売台数が06年同月以来となる100万台を突破。ニンテンドーDSを合わせた累計台数がプレイステーション(PS2)の2106万台を上回る2110万台となり、集計を開始した96年以降で最も売れたゲーム機となったことが分かった。

 全体の市場規模は1209億円と、ニンテンドーDSライトが150万台を販売し、プレイステーション(PS)3(06年11月発売)やWii(同12月発売)など新型ゲーム機発売に沸いた前年同月の1409億円と比べて85.8%にとどまった。ハード部門は、ニンテンドーDSライトが105万台を販売したほか、Wiiも77万台を販売。PSPは、限定カラー「ディープレッド」の発売などが奏功し、過去最高の64万台を記録した。

 ソフト部門では、12月1日に発売されたWii用健康ソフト「Wiiフィット」(任天堂)が81万本を販売して首位。「マリオパーティDS」(DS、任天堂)が77万本で2位に入り、累計でも100万本を達成した。3位には「レイトン教授と悪魔の箱」(DS、レベルファイブ)が61万本で入った。45万本で4位の「ドラゴンクエスト4」(DS、スクウェアエニックス)も累計100万本を達成し、DSのミリオンタイトルは21本となった。また、15万本で19位に入った「マリオパーティ8」(Wii、任天堂)も累計100万本を達成し、Wiiで3本目のミリオンタイトルとなった
(2008.1.8/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 20:51 | 周辺機器  

<< Wiiフィット、100万台販売... 家電ショー“薄さ競争”激化 >>