Yahoo!、モバイルサービスを刷新




 米Yahoo!は1月7日、米ラスベガスで開催中の2008 International CESで、デザインを一新したモバイル用Webページのβ版と、最新バージョンのモバイルクライアント「Yahoo! Go 3.0」のβ版の公開を発表した。

 新しいWebページはユーザーインタフェースを改善。ページを立ち上げると、新規メールやYahoo! Messenger上の友人のオンライン状況などの最新情報が、各サービスへのログインなしで確認できる。表示するウィジェットやWebサイトへのリンクなどのカスタマイズも可能。新Webページは、米AppleのiPhoneやNokiaのSeries 60端末のほか、一部のWindows Mobile対応端末のブラウザで、米国内で利用可能。数カ月内には対応端末やブラウザ数を拡大し、米国外でも利用可能となる予定。

 Yahoo! Goは、Yahoo!のWebメール、検索、アドレス帳、地域情報検索サービスなどを、携帯から利用できるようにしたアプリケーションで、最新バージョンではより直感的で機能的なデザインを採用したという。Yahoo!は同日、モバイルアプリの開発プラットフォームを開発者向けに公開したが、Yahoo! Go 3.0では、このプラットフォームを使用したサードパーティーによるウィジェットへのアクセスが可能だ。

 Yahoo! Go 3.0は米国で利用でき、30機種以上の携帯端末に対応する。今後数カ月で対応端末を拡充し、国際展開も行う予定だ。Yahoo! Go 3.0では、ディスプレイ広告の配信も行われるという。
(2008.1.8/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 19:41 | インターネット総合  

<< BD陣営、完全勝利宣言・ワーナ... イラストはメールほどにものを言... >>