YouTubeを直接見られる「VIERA」、米で今春発売



 松下電器産業は1月7日、「YouTube」や「Picasaウェブアルバム」に直接アクセスできるテレビを、今春に米国で発売すると発表した。

 対応するのは、プラズマテレビの新製品「ビエラPZ850シリーズ」。ネット接続機能「VIERA CAST」を搭載し、リモコンの「VIERA CASTボタン」からYouTubeやPicasaウェブアルバムにアクセスしてテレビ画面で動画や写真を検索・閲覧できる。日本での発売は未定という。

 パナソニックAVCネットワークスの坂本俊弘社長は「YouTubeはすでに世界規模のセンセーションとなっており、VIERA CAST対応テレビによって視聴者のエンターテインメントの選択肢が大きく広がるだろう」とコメント。米YouTube創設者のスティーブ・チェンCTO(最高技術責任者)は「PC同様に、ぼう大なYouTubeの動画をリビングにいながら楽しむという経験を提供できた」としている。
(2008.1.8/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 18:52 | 周辺機器  

<< ゲイツMS会長、最後の講演 ソ... Wikia、オープンソース検索... >>