Wikia、オープンソース検索エンジン「Wikia Search」を公開






 米Wikiaは1月7日、検索プラットフォーム「Wikia Search」のα版を公開した。オープンソースの検索プロトコルに基づく検索エンジンで、基本的な検索クエリーのほか、パーソナルプロファイルの作成や写真の共有、プライバシー設定の管理といったソーシャルネットワーキング機能も備えている。Wikia Searchのインフラはオープン化され、誰でも自由にアクセスし、自身の検索エンジン作成に活用できる。



 Wikiaは、Wikipediaの創始者ジミー・ウェールズ氏らが設立した企業で、Wikiを使った情報共有サービスを提供している。2007年7月には、分散型サイト巡回エンジン「Grub」のソースコードを買収。非営利団体Internet Systems Consortium(ICS)と協力しながら「Search Wikia」の開発プロジェクトを進めてきた。

 「インターネット検索は、よりオープンで透明性のあるものにすべき」と、Wikiaの会長を務めるウェールズ氏。「それを実現するというわれわれの使命において、今日は大きな出来事となる」とし、「時が経ち、より多くの人々が参加するにつれて、Wikia Searchが素晴らしいワインのように、どんどんよくなって行くことを期待している」とコメントしている。
(2008.1.8/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 18:51 | インターネット総合  

<< YouTubeを直接見られる「... au 携帯電話の Eメール同報... >>