松下 ネット対応TV開発



これは7日からアメリカで始まった家電製品の見本市で、両社が発表したものです。このテレビは、インターネットに接続することで、通常のテレビ番組と同じように簡単なリモコンの操作で「ユーチューブ」の動画を大画面で見ることができるもので、この春からアメリカで販売するとしています。「ユーチューブ」は、ネットを通じて利用者が動画を投稿したり閲覧できるサイトで、一日に世界から数十万件の動画が投稿される人気サイトに成長しています。テレビとネットをめぐっては、日本でも大手の電機メーカー各社が、インターネットを通じて映画や音楽番組など動画の配信を受けることができるテレビを販売しており、動画配信ビジネスが成長するなかで、テレビでネットを楽しむ新しい使い方は、さらに広がりそうです。(2008.1.8/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-08 08:40 | 周辺機器  

<< 開発言語「Apex Code」... ビル・ゲイツ会長「次の10年が... >>