マイクロソフト、1月の月例パッチは“緊急”1件、“重要”1件



 マイクロソフトは4日、1月9日(日本時間)にリリース予定のセキュリティ更新プログラム(パッチ)の事前情報を公開した。リリース予定のパッチは計2件で、最大深刻度は最も高い“緊急”のものが1件、2番目に高い“重要”のものが1件となっている。

 最大深刻度が緊急の1件は、リモートでコードが実行される恐れのあるもの。脆弱性の深刻度はOSによって異なり、Windows Vista/XPは最も高い“緊急”、Windows Server 2003は2番目の“重要”、Windows 2000は3番目の“警告”とそれぞれ評価されている。

 最大深刻度が重要の1件は、ローカルの特権の昇格が起こる恐れのあるもの。影響を受けるOSはWindows XP/2000およびWindows Server 2003で、深刻度はいずれのOSでも“重要”。Windows Vistaは影響を受けない。

 このほか9日には、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムや、悪意のあるソフトウェアの削除ツールの更新バージョンも同時にリリースする予定。
(2008.1.7/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-07 17:30 | PC  

<< 最新版のRealPlayer ... ドコモのPHSサービス、7日で終了 >>