ドコモのPHSサービス、7日で終了




 NTTドコモは、PHSサービスを7日で終了する。

 ドコモのPHSサービスは、旧NTTパーソナルが1995年からサービスを開始したもので、1997年9月に212万契約で最盛期を迎えた。1998年12月にはドコモがNTTパーソナルからPHS事業を引き継ぎ、2003年には定額制データ通信サービス「@FreeD」なども登場したが、ユーザー数は伸び悩み、2005年4月末には新規契約の受付が終了していた。NTTパーソナル時代から数えると13年におよぶPHSサービスに幕が下ろされることになる。

 同社の2007年12月末現在のPHSサービス契約者数は約15万5,000人。8日以降は同社のPHSサービスの提供が終了し、端末の販売も終了する。PHSの解約と同時にドコモの携帯電話を契約する際、端末購入代金が無料になるといった変更特典については、7日まで受け付ける。PHSサービスが終了した8日以降、これらの特典は受けられない。なお、PHSサービスの終了時刻は7日の24時
(2008.1.7/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-07 17:26 | 周辺機器  

<< マイクロソフト、1月の月例パッ... 「HD─DVD」は負けたわけで... >>