Xbox LIVE、ゲーム1本分を無料ダウンロード提供




 米Microsoftは1月3日、2007年末のホリデーシーズン中にXbox LIVEへのアクセスが集中、一部でサービスが利用不可能になった件について謝罪するとともに、全世界のXbox LIVEメンバーに対し、感謝の気持ちを込めて、Xbox LIVE Arcadeのゲームのフルバージョン1本分を無料でダウンロードできるようにすることを明らかにした。Xbox LIVEのジェネラルマネジャーであるマーク・ウィッテン氏が公式メッセージを発表、Xbox LIVEのプログラミングディレクターを務めるラリー・フリブ氏(通称Major Nelson)のブログに掲載されている。

 ウィッテン氏によれば、Xbox LIVEのサービスそのものは遮断されたことはなかったものの、アクセス集中によりパフォーマンスが著しく低下した。またこの年末、Xbox LIVEへの新規加入者中は過去5年間で最多を記録し、2008年1月2日には1日当たりの利用者数が過去最高に達したという。

 ゲームの無料ダウンロードについての詳細は、今後数週間以内に正式に発表する予定という。
(2008.1.7/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-07 11:40 | 周辺機器  

<< ソニー、PSPにSkype機能... シャープ、65V型の“次世代液... >>