官民共同で夢の「立体テレビ」…2025年の実現目指す




 総務省は6日、あたかも実物が目の前にあるかのように見える立体映像を映し出す「立体テレビ」の開発に民間企業と共同で乗り出す方針を明らかにした。

 特殊な眼鏡などを使わなくても臨場感あふれる鮮明な映像が楽しめる技術を開発し、2025年の家庭向け放送の開始を目指す。SFの世界だった夢のテレビが現実味を帯びてきそうだ。

 立体映像技術は、レーザー光を使って空間に立体映像を描く仕組みだ。

 立体映像はフルカラーで高精細なものを目指し、2020年をめどに企業向けの映像技術を実用化する。「世界に先駆けて究極の映像技術を開発し、日本の国際競争力を強化する」(総務省)狙いだ。
(2008.1.7/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-07 08:42 | 周辺機器  

<< シャープ、65V型の“次世代液... <学校裏サイト>文科省が実態調... >>