NTTドコモ、7日でPHSサービスを終了

 NTTドコモは、PHS(簡易型携帯電話)のサービスを7日に終了する。

 2005年5月に新規契約の受け付けを打ち切っており、契約数は、1997年のピーク時の約212万件から、07年末には約15万5000件まで落ち込んでいる。PHS利用者に対しては、ドコモの携帯電話機と無料で交換し、携帯電話の新規契約手数料などを無料にする。

 ドコモは、PHSから撤退し、苦戦が続く携帯電話事業の巻き返しに経営資源を集中する。ドコモの撤退で、全国展開するPHS事業者はウィルコム1社となる。

 NTTグループは95年に関東と北海道でPHSサービスを始めた。携帯電話機よりも小型で通話料も安かったことから人気を集めたが、その後は携帯電話機の通話料値下げや携帯電話向けネット接続サービス「iモード」の開始などで、契約数は減少していた。
(2008.1.4/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-05 12:05 | 周辺機器  

<< 有害サイト制限 中学生20% SCE、PSPで無料ネット電話... >>