ターボリナックス、指紋認証機能付きUSBメモリー

 大証ヘラクレス上場でリナックスOS(基本ソフト)関連製品のターボリナックスは1月下旬、指紋認証機能を備えたパソコン(PC)起動用ソフト内蔵のUSBメモリーを発売する。PC端末の記録媒体を使わないで情報漏れを防ぐ手法を、既存のPCで実現。各ソフトを使う際に指紋認証による本人確認を行い安全性をより高める。

 「wizpy Style FP801」は、指紋認証機能付きのUSBメモリーに、ターボ開発のソフトを搭載。メモリーをPCに接続し内蔵のOSやアプリケーションソフトを使ってPCを起動、操作するため、PCが盗難に遭っても情報漏れのおそれがない。価格は利用者10人あたり28万3500円。
(2008.1.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2008-01-04 05:00 | 周辺機器  

<< 携帯電話、動画利用率は25%・... ネットワークがクルマを変える-... >>