携帯 午前0時前後に通信規制





年越しの時間帯は例年、新年のあいさつなどで通話やメールの利用が集中することから携帯電話やPHSの各社は、通信設備のトラブルを避けるため、初詣での人出が多い神社の周辺や繁華街などで一時的に通信量を規制する方針です。このうち「NTTドコモ」は、31日夜、午前0時前から30分程度の間、全国に5万余り設置している携帯電話の基地局のうち、およそ7%の地域で通信規制を行う見通しです。最も込み合った場所では、10回のうち3回程度、通話やメールなどができない場合があるとしています。また、「KDDI」や「ソフトバンクモバイル」、それにPHSの「ウィルコム」も1時間程度の規制を行い、最大で5回のうち3回から4回通話などができなくなる可能性があるとしています。各社では、急用ではない通話やメールは年越しの時間帯を避け、時間をおいてから利用するよう呼びかけています。(2007.12.31/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 18:24 | 周辺機器  

<< IT省エネビジネス 事業化へ 松下子会社、世界最薄9.5ミリ... >>