松下子会社、世界最薄9.5ミリのブルーレイドライブを出荷


 松下電器産業子会社のパナソニック コミュニケーションズ(福岡市博多区、藤吉一義社長)は27日、パソコン向けのブルーレイ・ディスク(BD)ドライブとして世界最薄の9.5ミリを実現した製品のサンプル出荷を始めたと発表した。パソコンメーカー向けに出荷し2008年中に製品化を目指す。

 大きさは厚さ9.5ミリ×幅128ミリ×奥行き127ミリ。光ピックアップレンズを動かすための台座部と、ディスクを読み書きする際の誤差を補正するデバイスを薄くして実現した。(2007.12.28/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 18:22 | 周辺機器  

<< 携帯 午前0時前後に通信規制 郷愁を誘うメディアプレーヤー >>