新機器 映像・音楽どこででも





このうち、「ソニー」は、DVDレコーダーからテレビに映像を無線で飛ばすシステムを開発しました。このシステムは、DVDレコーダーに保存してある映像を無線でほかの部屋にあるテレビに送り、ハイビジョン画質の映像を楽しむことができるのが特長です。また、「NEC」は、家庭のテレビに接続してテレビ番組などを保存するパソコンを開発し、平成20年の春から発売する予定です。利用者は外出先でも専用の携帯型端末からインターネット経由で自宅のパソコンにアクセスし、保存してある映像を楽しめる仕組みになっています。開発責任者は「デジタルのデータを一括して保存しておけば、場所を選ばずにどこからでも楽しむことができるようになり、パソコンの可能性が広がる」と話しています。映像や音楽をいつでも好きな場所で手軽に楽しむことができる機器の開発競争が本格化しそうです。 (2007.12.31/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-31 12:09 | 周辺機器  

<< 郷愁を誘うメディアプレーヤー チリ政府、日本の地デジ放送規格... >>