メールチェックは不眠のもと=エスプレッソ2杯の効果

ベッドに入る1時間前に電子メールをチェックすると不眠の原因に-。28日付英紙デーリー・テレグラフは、英専門家のこうした研究結果を報じた。



 英エディンバラ睡眠センターのクリス・イジコフスキ博士によると、就寝前に電子メールの有無を確認すると、脳が行う眠るための準備作業を中断させるという。電子機器からの光が脳への信号となり、自然な眠りを誘うホルモン「メラトニン」の分泌を妨げるためだ。



 また、睡眠を妨げる最大の要因の一つは仕事のストレスで、ベッドに入る前に仕事の電子メールを見ることは、エスプレッソコーヒー2杯分と同じ不眠効果があるという


(2007.12.29/時事通信社)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-30 10:45 | インターネット総合  

<< 日立、小型HDD撤退・富士通は... “守る”と“創る”は対立するの... >>