「明けおめ」メール不通でも110番通報しないで auが呼びかけ




 携帯電話大手KDDI(au)は、「明けましておめでとう」などの新年のあいさつでメールや通話が集中する1月1日午前0時前後にかけて、メールを送信できなかった利用者が110番通報しないよう呼びかけている。一部端末では、メールが送れない通信障害が起きた際に、エラーコード「110」が表示されるため、利用者が問い合わせ先と勘違いして警察に通報する可能性がある。
 KDDIによると、昨年11月に通信障害が発生し、メールを送信できなかった端末に「送信できませんでした(110)」というエラーメッセージが表示。全国の警察に約6400件の間違い電話がかかるトラブルがあった。
 警察庁は「誤解を招きやすい」として、エラーコード番号の変更を要請。同社では、今年2月以降に発売した端末には「110」が表示されないよう改善したが、それ以前の機種はコード変更ができないとしている。
 通話やメールが集中する1月1日午前0時前後には、最大80%の規制が予想されており、5回に1回しかメールが送信できなくなる可能性もあるという
(2007.12.29/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-30 08:49 | インターネット総合  

<< “守る”と“創る”は対立するの... 客はなぜ怒っているのか――会話... >>