<家庭用ゲーム機>国内販売額が過去最高を更新







 07年の家庭用ゲーム機の国内販売額が2年連続で過去最高を更新し3000億円を超える見通しになったことが、ゲーム誌大手、エンターブレインの集計で分かった。任天堂の「Wii(ウィー)」、ソニーの「プレイステーション3(PS3)」など新型ゲーム機が出そろい、市場が活性化した。

 06年は任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が大ヒットし、販売額は2619億円に達したが、07年はさらに勢いを増し、12月16日時点で2986億円に上った。最終的には3000億円を上回る見通しだ。

 ゲーム機別では、Wiiの販売台数が320万台に達し、PS3(110万台)、マイクロソフトの「Xbox360」(24万台)を圧倒した。

 年末商戦でソニーは新モデルで低価格のPS3を投入し、PS3は11月にWiiを抜いて月間ベースで初の首位に立った。だが、12月に入るとWiiが首位を奪い返した。体重計機能が付いたボードに乗って運動を楽しむ「Wiiフィット」など新発売したゲームソフトが人気を集めた。

 一方、ゲームソフトの販売額は16日時点で3285億円で、最終的に過去4番目の水準だった06年(3638億円)と同程度になりそうだ
(2007.12.28/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-29 12:59 | インターネット総合  

<< 客はなぜ怒っているのか――会話... 携帯電話契約数 1億件超へ >>