<YouTube>動画の人気ネタを渋谷109前で披露 「ネタバトル」イベント




 無料動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」日本版は28~30日の3日間、サイト上で話題を呼んだネタをライブで披露する「YouTubeネタバトル-今年最後のネタ祭り-」を東京・渋谷の109前イベントスペースで開催。28日のオープニングセレモニーでは、男性2人組のパントマイムユニット「が~まるちょば」や女性4人組アイドルグループ「エレガールズ」、女子小学生ダンサーの「ストロングマシン2号」が歌やダンスを披露した。



 「ネタバトル」には、YouTubeの「おすすめ動画」に紹介されたネタの中からライブで披露できるグループ約30組が登場し、1組5~20分のパフォーマンスを繰り広げる。「が~まるちょば」は手品を交えたコントで観客を楽しませ、ピンク色のエレベーターガールの制服でそろえた秋葉原で人気の「エレガールズ」はテーマソングを披露。「ストロングマシン2号」は、スローモーションやロボットダンスを取り入れた独自のアニメーションダンスで観客の目をくぎ付けにした。

 群馬県在住の小学6年生、ストロングマシン2号さんは「1号」のお父さんとダンスの動画などをYouTubeで見て楽しんでいるといい、「友達が私の動画を見て『すごいね』『いつも見ているよ』と応援してくれています」とうれしそう。今後は「ダンスを続けながら、絵を描いたり、写真を撮るのも好きなので、クリエーティブな仕事がしたい」と夢を語った。

 ステージ横のブースでは無料でパソコンとデジタルカメラを貸し出し、同イベントを撮影した映像をすぐにアップロードする「体験コーナー」を設置。イベントを主催するグーグルの馬場康次シニアマーケティングマネジャーは「見るだけでなく、自分で撮った動画を公開するなど、ユーザーにはもっとYouTubeに積極的に参加してほしい」とイベントの狙いを話した。

 イベントは3日間とも午後2時~8時まで1時間おきに開かれ、1回に3~4組のパフォーマーが登場する
(2007.12.29/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-29 01:39 | インターネット総合  

<< 東芝、1.4兆円で2工場・フラ... ビックカメラ、“立体テレビ”の... >>