ウェブドゥジャパン、携帯ECに本格参入-女性向けサイトを来月開設


 ウェブドゥジャパンは携帯電話を使った電子商取引(EC)事業に本格参入する。08年1月下旬にも女性用美容品を販売する携帯サイトを正式に開設。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)など既存の自社サイトや広告配信で提携する他社の携帯サイトから利用者を誘導し、売り上げを拡大する。2010年3月期をめどに07年3月期比約3倍の売上高100億円を目指しており、EC事業の育成で目標達成を確実にしたい考えだ。
 ウェブドゥジャパンは07年7月にECの仮サイトを開設し、テストマーケティングを進めてきた。「初月に売上高2000万円を達成した」(櫻井英哉取締役)といい、その後も同テストが順調に推移していることから、08年初に正式サイトに移行する。
 同社は会員数36万人(10月末時点)のSNS・無料ゲームサイト「プチゲーフレンズ」や、電子書籍サイト「寝る前にコミック」などを自社コンテンツ(情報の内容)として運営する。これらのコンテンツは利用者の7割を10―20代の女性が占める。ECサイトでも美容品や化粧品など女性の若年層向け商品を中心に販売し、自社コンテンツから効果的に利用者を誘導する。
 現在、同社は携帯サイトの検索キーワードやコンテンツ内容に連動した広告配信事業と自社コンテンツ事業、子会社が運営する人材コンサルティング事業の三つを経営の柱とする。07年3月期の売上高は約35億円。08年3月期は同39億円を見込む。(2007.12.26/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-26 21:04 | インターネット総合  

<< 「厚労省」をGoogle検索す... ワークスAP、会計ソフト刷新―... >>