パスモとクレジットカードを一体に・東急など5社が08年発行


 鉄道会社などが参加する「PASMO協議会」は21日、関東私鉄・バス共通IC乗車券「パスモ」とクレジットカードを一体化した新カードを2008年に発行すると発表した。まず東京急行電鉄など5社が発行に踏み切る。新カード会員は3月15日から募集する。

 一体型カードを発行するのは大手鉄道4社(東急電鉄、東武鉄道、京浜急行電鉄、東京地下鉄)と、IC乗車券を管理している株式会社パスモ(東京・新宿)の合計5社。それぞれがクレジットカード会社と契約し、「VISA」や「JCB」などのマークが入ったパスモを発行する。

 パスモは残高が少なくなったら自動的に補てんする「オートチャージ機能」を売り物にしていたが、利用するには別途クレジットカードを持たなければならなかった。「今後は駅改札の出入りから買い物の支払い、特典ポイントの管理まで一枚で済む」(PASMO協議会事務局)。
(2007.12.23/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-23 09:56 | 周辺機器  

<< テコ入れ策に押切もえ起用、グー... パソコン安値拍車、秋・冬モデル... >>