お年寄りの体調把握も家電ネットで一括制御…総務省実験へ


 総務省は21日、大手電機メーカーや通信大手、警備会社など約50社と共同で、家庭内の家電製品などをネットワーク化し、一括制御する「次世代ホームネットワーク」の実証実験を2008年3月に行う方針を明らかにした。

 防災、防犯のほか、お年寄りの介護負担を軽減する効果も期待できるという。

 実験の結果を踏まえ、総務省は08年度中にも家電製品などの一括制御に必要な機器の仕様を決め、09年度にも家電メーカーなどが必要な機器を製品化する。

 実験はインターネット経由で外部から操作できる「情報家電」と呼ばれる機器などが対象だ。松下電器産業やソニー、東芝などの大手電機メーカー、NTTやKDDIなどの通信会社、警備会社などが参加する。


(2007.12.21/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-22 15:14 | インターネット総合  

<< パソコン安値拍車、秋・冬モデル... 人気の“情報源”ブログがわかる... >>