東芝に液晶パネル供給へ=外販で収益向上狙う-シャープ




 東芝とシャープは21日、薄型テレビ用の液晶パネル事業で提携する方針を決めた。シャープが堺市に2009年度稼働に向けて建設中の新工場で生産した液晶パネルを東芝に供給。東芝はシャープ製パネルを使って液晶テレビを組み立てる。
 シャープはパネル外販により、巨額投資の早期回収など収益向上を図る。一方、東芝は40型以上の大画面用パネルの安定調達にめどを付ける。両社社長が同日記者会見し、発表する。
(2007.12.21/時事通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-21 17:17 | 周辺機器  

<< グーグルのネット広告大手買収を... 年間総合大賞はウィキペディアが... >>