「ウイルスバスター2008」の修正プログラム緊急公開



 トレンドマイクロは18日、「ウイルスバスター2008」の不具合を修正するプログラム(ビルド16.0.1645)を緊急公開した。ウイルスバスター2008のアップデート機能で、自動的に更新される。

 不具合があったのは、ウイルスバスター2008日本語版のビルド16.0.1467。一部の環境で、アップデート中にウイルスバスターが停止し、PCがハングアップするという問題があった。アップデート対象製品は「製品版」「月額版」「レンタル版」。

 なお、不具合のあったビルド16.0.1467は、製品のリリース時(ダウンロード10月19日、パッケージ10月26日)から、修正プログラムが配布された12月18日まで公開されていた。
(2007.12.19/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-20 16:53 | インターネット総合  

<< 「楽天メッセンジャー」事業化見... IE 8のβ版は2008年前半... >>