iPhone販売、アップルがドコモ・ソフトバンクと交渉




米アップルが、同社の携帯電話「iPhone(アイフォン)」の日本市場への投入について、NTTドコモ、ソフトバンクの2社と交渉に入ったことが18日、わかった。複数の欧米メディアが一斉に伝えた。

 アップルは2008年末までにアイフォンを世界で累計1000万台を販売する計画で、日本を有力市場の一つと見ているという。高いブランド力と人気を誇るアイフォンが日本で発売されれば、国内の携帯電話市場に大きな影響が出そうだ。関係者によると、アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)とドコモの中村維夫社長が今月10日ごろ、サンフランシスコでアイフォンの日本展開について協議した
(2007.12.19/ 読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-20 06:41 | 周辺機器  

<< <PSE法改正>PS、セガサタ... ヘッドホン iPod人気で市場... >>