<ヤフーBB>情報流出で1人5500円の賠償確定 最高裁



 インターネット接続サービス「ヤフーBB」の顧客情報流出で精神的苦痛を受けたとして、運営会社「ヤフー」(東京都港区)などに顧客5人が1人10万円の慰謝料などを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は14日、ヤフー側の上告を退ける決定を出した。1人5500円の賠償を命じた2審・大阪高裁判決(今年6月)が確定した。

 2審によると、BB社の派遣社員が03年、知人と共謀してサーバーに不正アクセスし、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど約470万件の個人情報を入手。知人は翌年にも約650万件を取得した。

 顧客側はヤフーと共に、サービス運営会社の「BBテクノロジー(現ソフトバンクBB)」も提訴。1審・大阪地裁は06年5月「顧客情報の管理体制が甘かった」と運営会社の管理責任を初めて認めつつ、「ヤフーが管理する顧客情報は流出していない」としてBB社のみに賠償を命令した。2審は「両社ともソフトバンク子会社で、外見上一体のものとしてサービスを提供していた」とし2社が連帯して賠償するよう命じ、ヤフーが上告していた
(2007.12.14/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-15 14:39 | インターネット総合  

<< 反対意見根強くも「メールの年賀... <ドラクエ4>DS版出荷 10... >>