Googleの2007年検索ランキング発表




 米Googleは12月13日、今年1年の検索キーワードランキング「2007 End-of-Year Zeitgeist」を発表した。今年のZeitgeistは、Google.comで検索されたキーワードから、検索された回数だけでなく、上昇率の高さでランクづけしている。



 世界での急上昇検索キーワードランキング1位は「iPhone」。2位は英国発の写真共有SNSの「Badoo」、3位にやはりSNSの「Facebook」が入った。10位中にSNSが5つランクインしたほか、iPhone以外はすべてネット上のサービスという結果になった。

 米国における四半期別では、そのときに起きた事件やイベントを反映しており、1月~3月期は「chinese new year」「anna nicole smith」「irs」、4月~6月期は「iphone」「don imus」「virginia tech」、7月~9月期は「vanessa hudgens」「hurricane dean」「tour de frande」、10月~12月期は「radiohead」「pavarotti」「red sox」の検索回数が多かった
(2007.12.14/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-14 13:30 | インターネット総合  

<< 薄型テレビの「エコ」最前線 <NEC>携帯で翻訳…ソフト開発 >>