今度はバーミヤン激怒“ゴキブリラーメン”騒動勃発


元バイトの悪ノリで“ゴキブリラーメン”と日記サイト書き込み。被害にあったバーミヤンの店舗はカンカンだ
 吉野家の「テラ豚丼」、ケンタッキー(KFC)「ゴキブリ揚げ」と、外食産業を狙い打ちにした“サイバーテロ”があったが、今度は、中華系ファミレス「バーミヤン」で「ゴキブリラーメン」騒動が勃発(ぼっぱつ)した。都内の私大2年の男子学生(20)が、日記サイトに「ゴキブリのだしが効いたスープでラーメンを出していた」などと書き込んだのだ。関連サイトは“大炎上”している。

 書き込みがあったのは10日深夜。KFCの一件で有名私大付属高を自主退学した男子高校生を引き合いに、「この高校生に対抗しようと思う」などと挑発し、書き込みの最後でも、「すごいだろー? 大学やめるべきですかねー?」と書き込んでいた。

 騒ぎに気づいた男子学生は11日深夜、「謝罪」と題した追加の書き込みを行う。しかし、その中身は「15分以内でお客様に料理を出すという決まりを守るには、ゴキブリを取り除いたスープでラーメンを作るということしかありませんでした。これは店長の方針」と事実を否定するどころか、店長に責任を転嫁する内容で、ますます批判が集中していった。

 あわてて日記サイトを削除したものの、個人プロフィルから、店舗名までがさらされる大騒ぎになってしまったのだ。

 実際に名指しされた店舗の女性店長(26)は、怒りを隠さない。

 「一体、何が目的でこんなことをするのか、まったく理解できません。バイト時代に、何かイヤなことがあったのか、単に困らせたいからやったのか…。本当に迷惑です。ウチの店がネットで話題になっていることは、11日夜、本部のエリアマネジャーからの電話で知りました。私がきてからは、衛生管理を徹底指導しているので、(ゴキブリラーメンなんて)絶対にありえません!」

 店長は昨年6月に赴任したばかりで、2004年の半年間だけ働いていた男子学生とは、直接一緒に仕事をしていない。

 当時の店長の所在について、バーミヤンを統括する、すかいらーくグループ広報も、個人情報を理由に明かさなかった。

 夕刊フジは12日夜、男子学生が住む東京郊外の実家を直撃すると、都立高に通う妹と両親の4人で暮らしていた。騒動を知らなかった父親は「あいつ、また何かやったのか…」とつぶやいたが、不謹慎な書き込みが、息子によるものと信じたくない親心を吐露した。

 「(プロフィルの内容は)長男に間違いありませんし、確かに(問題の店舗で)働いていました。バーミヤンへの謝罪も含めて、まずは本人に確認をさせてください。すべてはそれからです。いまからでも、息子の日記サイトを見ることはできないのですか? ダメなら、(記者が持参した画像コピーを見ながら)その紙のコピーを頂けませんか? とにかく、頭の中が真っ白で、今は何も考えられません」

 父親は、KFCの一件で、書き込みをした高校生が自主退学した事実を知っており、その話を傍らで聞いた母親は、絶望のあまり絶句した。

 長男の行動は不明で、「いつ帰宅するか分からない」(父親)という。20歳過ぎの大学生にもなって、「いたずらでした」では済まされないことが、なぜ分からなかったのか(2007.12.14/ネタりか)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-14 08:16 | インターネット総合  

<< <NEC>携帯で翻訳…ソフト開発 任天堂、グリーンピースの報告に反論 >>