ソフトバンクモバイル、株取引専用携帯電話機を2008年春発売へ




SBI ホールディングスとソフトバンクモバイルは、2007年12月12日、SBI イー・トレード証券での株取引が可能なアプリケーションの開発ならびに当該アプリケーションがプリインストールされた携帯電話機(専用携帯電話機)の2008年春販売に向けて、共同で取り組むことに合意したことを発表した。

今回の協業により開発される予定の専用携帯電話機は、株取引に特化したアプリケーションがプリインストールされた日本初(SBI ホールディングス調べ)の携帯電話機であり、当該アプリケーションが容易に起動できるほか、操作性の高いアプリケーション開発が行われる予定。

この専用携帯電話機の販売によって、SBI イー・トレード証券においては携帯電話を利用した株取引の利便性向上を望む利用者の満足度向上が図られる。

一方、ソフトバンクモバイルは、そのような携帯電話を求めていた顧客を新たに獲得する機会になるものと考えているという
(2007.12.12/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-12 18:32 | 周辺機器  

<< 「ニコ動」1周年でトップリニュ... SNS「Friendster」... >>