モバゲー、18歳未満のメールアドレス交換禁止、監視体制を300人に増強などを発表




 ディー・エヌ・エー(DeNA)は、ケータイゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」において、コミュニティの健全性維持に向けた取り組みを大幅に強化することを発表。モバゲータウンでは10代のユーザの利用が多いことから、同社はサイト外で出会うことを一切禁止するなどの取り組みを行ってきた。しかし、青少年が巻き込まれる事件が増加していることから、新たな取り組みを実施することを発表した。

 具体的な施策としては、12月10日からサイト上でのルールをより分かりやすくする表示強化の実施を皮切りに、18歳未満のミニメールを大幅に制限し、ユーザーの年齢前後2歳までの送受信のみに制限。13歳未満のユーザーはミニメールの利用は禁止される。また、18歳未満の友達検索を大幅に制限し、ユーザーの年齢前後2歳までの友達検索のみに制限。さらにメールアドレス交換禁止の徹底し、システム対応を強化するとしている。2008年春までには、監視体制を約300人に増員し、サイトパトロールを大幅強化する予定となっている
(2007.12.11/MarkeZine)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-11 16:04 | インターネット総合  

<< 「アドレス狩り」スパムが大量発... NTTドコモ 子供向け携帯新機... >>