未成年者は「フィルタリング」原則加入…携帯大手など4社



 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯大手3社と、簡易型携帯電話(PHS)のウィルコムは10日、未成年者の利用者に対して、出会い系サイトなどの有害サイトに接続できなくする「フィルタリング(選別)サービス」を、契約時に原則加入してもらうことを決めた。

 来年1月にも、販売店などで対応する。

 未成年者が、有害サイトを通じて犯罪に巻き込まれるケースが増えていることを踏まえ、増田総務相が同日、各社に要請した。具体的には、携帯・PHSを新規契約する際、保護者がフィルタリングサービスに加入するかどうかを選択している現在の仕組みを改め、「原則加入」を前提に、加入の意思を保護者に確認する
(2007.12.11/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-11 09:53 | 周辺機器  

<< NTTドコモ 子供向け携帯新機... 企業情報サイト、最も評価が高か... >>