日本HPのレーザープリンタに発煙・異臭発生の可能性







 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4日、同社製レーザープリンタの一部で電源コネクターの差し込み口に長期間のストレスが加わった場合、差し込み口と基板を固定するはんだ付け部に亀裂が生じ、そこから発煙の可能性のあることが判明したと発表。取扱に注意を呼び掛けている。



 はんだ付け部に亀裂が生じた場合、回路が断線して使用できなくなったり、その断線の状況によっては製品内部から異臭や発煙が生じる可能性があるという
(2007.12.4/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-04 19:56 | 周辺機器  

<< IEとFirefox、どちらが... <Wiiフィット>話題の健康ソ... >>