ブログで話題のキーワードを架空の地図で表示する「BLOGRANGER TG」






 NTTとNTTレゾナントは3日、ブログで話題となっているキーワードをスクロールできる地図で表示するブログ検索サービス「BLOGRANGER TG」の共同実験を開始する。NTTレゾナントが運営する無料の実験サイト「gooラボ」にて公開する。

 BLOGRANGER TGは、ブログ上で話題となっているキーワードを架空の大陸上に地図表示し、地図のスクロールやクリックなどの簡単な操作でキーワードに関連したブログ記事の“探索”が行えるブログ検索サービス。NTT研究所が技術やシステムの提供し、商用での有効性や有用性を検証。NTTレゾナントは、gooラボでの提供や運営、ビジネス性の検証を行なうとしている。

 技術面では、NTTのサイバーソリューション研究所とコミュニケーション科学基礎研究所が開発した「オートタギング技術」と「トピック空間可視化技術」を採用した。オートタギング技術は、ブログ記事に含まれる任意のテキストに対してタグを推定し付加する技術。最新1カ月間の約1,000万件のブログ記事からタグが付加されている約600万件の記事を解析し、約5,000種類のタグを抽出。抽出したタグを任意のテキストに対して自動で付加する。

 また、トピック空間可視化技術はタグ同士の概念的な距離を算出し、タグ同士の関連性を仮想の大陸の地図上に自動的に表示する技術。タグの関連性を距離によって二次元的に表現し、タグ同士が重ならないようにXY軸を計算。また、タグの抽象性をZ軸座標として算出し、より抽象的なタグはより高い標高で表示される。このほか、タグを含む記事数に応じて、表示される文字大きさが変更される。

 ユーザーは、あらかじめ用意された主要なタグやキーワード検索から、タグの付加された地図を表示し、地図をスクロールさせて関連したタグの検索もできる。また、タグをクリックすることで関連したブログ記事の検索結果を表示する。このほか、APIもあわせて公開するほか、将来的にはgooの各種コンテンツを地図上に表示する機能の追加も予定しているという。

 地図は登録されるタグや記事によって絶えず自動で変化するとしており、実験サービス開始当初は週1回の更新を予定している。実験サービスは、gooラボにて12月3日より約1年間実施する予定だ。

 BLOGRANGER TGについて、NTTサイバーソリューション研究所所長の岸上順一氏は、「従来のタグクラウドでは表示件数に限界があるため、スクロールマップとして提供できる形にした」と説明。「あえて“探索”と表記しているのは、特定のキーワードの周辺も含めて領域を知りたいという状況で利用できるサービスのため。キーボードから脱却した探索ができるところが大きな特徴」と、サービスの特長を語った
(2007.12.3/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-04 06:18 | インターネット総合  

<< ヤフー、米イーベイがネットオー... 電源やヘッドホンのコードを上手... >>