携帯、年内に1億件突破へ

 携帯電話の契約件数が年内に1億件に達する。誰もが携帯を持つ時代となり、市場が飽和に近づく。番号継続制などで競争環境が厳しさを増すなか、携帯会社にとっては需要喚起が課題となる。既存会社から回線を借りて新規参入する「仮想移動体通信事業者(MVNO)」登場など、新たな動きも出始めている。

 NTTドコモとKDDI(auとツーカー)、ソフトバンクモバイルの契約数は10月末で計9954万件。イー・モバイルは四半期ごとにしか公表していないが「11月に16万件を超えた」(広報)。
(2007.12.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-12-01 17:28 | 周辺機器  

<< オープンな携帯ゲーム機「GP2... ウイルス「ボット」、被害20億... >>