他人のIDでネットショッピング、IT関連企業社員を逮捕

 インターネットのショッピングサイトで他人のIDやパスワードを使い、商品をだまし取ったとして、警視庁と愛知、高知両県警の合同捜査本部は26日、東京都豊島区巣鴨、インターネット設備会社社員宮田勉容疑者(33)を不正アクセス禁止法違反と詐欺の両容疑で逮捕した。

 愛知県警などによると、ショッピングサイトで他人のパスワードを悪用した手口の摘発は、全国初という。

 調べによると、宮田容疑者は7月6、7日、神奈川県川崎市の男性会社員(36)のIDとパスワードを使い、大手サイト「ヤフー」のサイトに接続、札幌市や大阪市の家電販売店からデジタルカメラ2台とノートパソコン1台をだまし取った疑い。宮田容疑者は昨年6月ごろから約100件の犯行を繰り返し、被害総額は約1000万円に上るとみられる。


(2007.11.26/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-27 14:47 | インターネット総合  

<< Wiiで新作情報やDS体験版を... 携帯 通信料か端末か…新料金プ... >>