富士通、携帯端末販売計画を今年度2割引き上げ

 富士通は22日、2007年度の携帯電話端末の販売計画を従来の450万台から560万台に引き上げると発表した。若者向けの高機能端末などが好調だった。同社の07年9月中間決算は、企業向けシステム構築などが伸び、連結売上高が前年同期比6.4%増の2兆5131億円と、中間期として過去最高を更新した。

 07年度上期(4―9月)の携帯販売実績は340万台と前年同期に比べ9割近く伸びた。携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」を搭載したNTTドコモ向けの「F904i」などがけん引した。これを受け通期目標も当初計画を24%上方修正した(2007.11.26/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-26 09:38 | 周辺機器  

<< 若槻千夏、突然ブログを「少しお... 「ニコニコ映画祭」第1回大賞作... >>