「livedoor クリップ」に新機能、はてなブックマークとの連携など




 ライブドアは21日、ソーシャルブックマークサービス「livedoor クリップ」に新機能を追加。「はてなブックマーク」や「Buzzurl」のコメント閲覧に対応した。

 livedoor クリップは、WebサイトなどのURLをオンラインでブックマークし、他のユーザーと共有できるサービス。2006年6月に開始した。今回は、他のソーシャルブックマークサービスとの連携を実現。はてなブックマークとBuzzurlのAPIを利用することで、各サービスのコメントも閲覧可能になった。

 また、クリップユーザー向けのメールマガジンを配信する。土日にクリップされたページのうち、上位20位の人気クリップを紹介する「週末のトピックス」(毎週月曜配信)と、お気に入りユーザーのクリップのうち、コメントがあるものだけを選んでメールで通知する「ウォッチリストの通知」(日刊)を用意。これらを希望者に配信する。

 このほか、設定画面に「プロフィール」を追加した。SNS「livedoor フレパ」のプロフィールデータを利用して、コメントにプロフィール画像とニックネームを表示できる。今後、利用できるプロフィールサービスを増やす予定だという。さらに、人気、新着、定番、ロングランなどのページに移動するためのナビゲーションボタンを変更している。

 同日、livedoor クリップの情報取得APIも公開した。これにより、livedoor クリップのコメントなどを取得できるようになった

(2007.11.22/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-22 17:08 | インターネット総合  

<< 楽天のショッピング全額補償、ユ... 誰でも「2万字」アーティスト気... >>