YouTubeかたるマルウェア出回る




 動画共有サイトYouTubeの名前を利用したスパムが出回っているとして、Trend Microのセキュリティ研究者が警告を発している。

 このスパムの本文には、不鮮明な動画のサムネイル画像と「恋人たちの感動ストーリー」という説明文が載っている。受信者が動画を見ようと本文内のリンクをクリックすると、新しいFlashプレーヤーをインストールするよう指示するページが現れる。受信者はさらに、install_flash_player.exeをダウンロードさせるページにリダイレクトされる。このファイルはトロイの木馬「TROJ_DROPPER.KAP」で、同様のスパムを送信するプログラムをインストールする。

 YouTubeは動画共有サイトでは最大手で、その人気を利用してユーザーをだまそうとする攻撃はこれまでにも幾つか起きている
(2007.11.19/ ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-11-19 20:11 | インターネット総合  

<< GyaOがMS「Silverl... デスクトップPC新世代へ、「家... >>